謎の構造体に漂着した、迷子
出会ったのは無機質な人形のような女性、
クリオネ
無口な二人が彷徨う冒険譚。


Two silent wanderers
6 full chapters
A game of exploration and adventure



謎の構造体に何かの外殻に乗った迷子が漂着する。
出会ったのは無機質な人形のような女性、クリオネ。
あなたはクリオネ。
目的はこの迷子の保護。
沈みゆく構造体を登りつめた先に待っているのは?

主な特徴
キーボードまたはコントローラーでプレイできます。
アクションは「走る」「歩く」「ジャンプ」「登る」などがあり、状況に応じてボタンを押すだけです。
何かの機械を操作したり、調査したり、出会う人物から情報を得ながら進みます。
行動中に迷子は危険にさらされます。
この時、迷子を移動させたい時は迷子に近付き「手を繋ぐ」事ができ、一緒に移動できます。
迷子が水に触れるとアンクと呼ばれる謎の生物が出現し襲われることがあります。
クリオネの武器はテーザーだけです。
充電後に発射できるようになります。
Shiftキーまたは左トリガーで照準が出ます。
SpaceキーまたはAボタンで発射します。
ロックオンされると照準が赤色になり、テーザー弾が追尾するようになります。

沈みゆく構造体とは何なのか?
クリオネの正体とは?
迷子は何処から来たのか?

様々な経験から得られる情報で真のストーリーを探り当てるのが主な醍醐味となります。

「沈みゆく構造体とクリオネと迷子」は
6つの章、Log1からLog6までの連載ゲームです。
Log1の2月17日公開以降、およそ隔週程度で公開していく予定です。


A lost child, drifting in an odd husk, lands at a mysterious structure.
Clione, a manufactured doll you encounter.
You are Clione.
Your purpose? Protect this lost child.
What awaits you at the top of the slowly sinking structure?

Major features
You can play with the keyboard or controller.
Actions include "running", "walking", "jumping", "climbing", etc., and you only have to press a button depending on the situation.
Operate some machine, investigate, and get information from the people you meet.
Lost child are at risk during their actions.
At this time, if you want to move the lost child, you can approach the lost child and "hold hands", and you can move together.
When a lost child comes into contact with water, a mysterious creature called ankh may appear and be attacked.
Clione's weapon is Taser only.
You will be able to fire after charging.
Aim with the Shift key or the left trigger.
Fire with the Space key or the A button.
When locked on, the aim will turn red and the taser bullet will be able to track.

What is a "Sinking Structure"?
What is the true identity of "Clione"?
Where did the "Lost Child" come from?

The main pleasure is to find out the true story with the information obtained from various experiences.

"The Sinking Structure, Clione, and Lost Child"
This is a serialized game with 6 chapters, Log1 to Log6.
After the release of Log1 on February 17, it will be released about every other week.



著作権について

マトリの情報

(c)2011 MATRE All Rights Reserved.